上布

1 - 6 / 9 次へ >

「織り」の着物

着物は大きく分けて「染め」と「織り」に分類することができます。

「織り」の着物は、先に糸の状態で染めておき、柄を織りだしていくもので「先染めの着物」とも言います。

紬、御召、木綿、上布や縮、ウールなどがあります。

「織り」の着物

タグ:

麻・上布とは

上布には上等の布という意味があります。

上質な苧麻を用いた薄手の織物で主に盛夏の着物となります。

タグ:

越後上布

平織りの麻織物で雪晒の良さを生かした白地が多く、武士の裃に使われたほど上質の布です。

タグ:

宮古上布

表面に蝋を引いたような艶があり、絣が非常に細かいのが特徴です。

極細の麻の糸で織り上げたものは最高級品の上布です。

タグ:

八重山上布

石垣島で織られていて、昔は薩摩白上布と呼ばれて藍染の宮古上布と区別していました。

柄も琉球絣で、紅露の汁で染めた糸で表現しています。

白の美しさを味わえる爽やかな上布です。

タグ:

能登上布

白地や薄茶色地の絣が有名。

能登縮、阿部屋縮ともいいます。

タグ:

1 - 6 / 9 次へ >

お問合せ

蒲田、川崎の着物リサイクルショップ | きも乃たき川の電話番号03-5713-8181

蒲田、川崎の着物リサイクルショップ | きも乃たき川のお電話でのお問い合わせ

蒲田、川崎の着物リサイクルショップ | きも乃たき川のお問い合わせ

  • 蒲田、川崎の着物リサイクルショップ | きも乃たき川に問い合わせ
rss